Loading...

KSLとは?


 KSLは、関東サッカー協会・関東サッカーリーグが主催、(公 財)日本サッカー協会に加盟登録(第1種)、全国社会人サッ カー連盟に所属する、関東1都7県で活躍するチームが参加 して行われるリーグです。

KSLの位置づけ


 日本サッカー界におけるKSLの位置づけは、3ページの図 にあるように、関東1都7県で各都県サッカー協会が開催し
ている「都県サッカーリーグ」で上位の成績を収めたチーム が「関東社会人サッカー大会」に参加、同大会上位チームが 参加するリーグで、全国規模で開催されているアマチュアの トップリーグ「日本フットボールリーグ(JFL)」の下部に位 置しています。

リーグの運営


 KSLは地域に密着して各都県の人々とともに邁進するリー グを目指して、ホーム&アウェー方式の採用、芝生グラウン ドの確保、チーム・選手間の交流促進の場・表彰式や講演会 開催など、リーグの意思決定機関・理事会を核に各加盟チー ムとの連携のもと、リーグ全体の発展と地域サッカーの活性化に取り組んでいます。

KSLの歴史


 KSLの歴史は古く、1967年(昭和42)に「関東社会人サッカーリーグ」として8チームが参加して第1回がスタート、日本サッカーリーグ(JSL)への登竜門として数多くのチームが活躍、横浜F・マリノス(当時、日産FC)、東京ヴェルディ(当時、読売クラブ)、FC東京(当時、東京ガス)などもこのリーグで力を蓄え、大きく飛躍していきました。
 1978年度(第12回大会)より2チーム増加し規模を拡大するなど発展を続け、2000年度(第34回大会)には「関東サッカーリーグ」(KSL)に改称。2003年度から1部・2部制が導入され、16チームが参加することとなりました。
 そして2012年度、KSLではさらなるリーグの発展、活性化、競技力向上を目指して、1部・2部8チーム制(計16チーム)で開催していたリーグ戦を、1部・2部各10チーム制(計20チーム)に変更しました。拮抗したゲームが多く展開されることで、関東各地域や都県リーグの底上げにつながればと考えています。

今年度のKSL


 

関東各地で全222試合(前・後期制/1部・各11節、2部・各9節/ホーム&アウェー2回戦総当り方式/引き分けあり)が開催。
今年度KSL1部優勝チームには全国地域サッカーチャンピオンズリーグへの出場権が与えられます。

今年度の昇降格


 

今年度の関東サッカーリーグの昇降格は、チーム数が変則となったため、下記と通りといたします。

[KSL1部と2部間の昇降格]
  ・KSL1部の11位・12位チームは、KSL2部へ自動降格
  ・KSL1部の10位チームと2部の1位チームは、入替戦
  ・KSL1部の9位チームと2部の2位のチームは、入替戦

[KSL2部と各都県リーグ間の昇降格]
  ・KSL2部の9位・10位チームは、各都県リーグへ自動降格
  ・KSL2部の8位チームと関東社会人大会の1位チームは、入替戦
  ・KSL2部の7位チームと関東社会人大会の2位のチームは、入替戦

※入替戦は、12月25日(土)に実施

役員紹介


浜中 利夫

理事長
競技・ホームページ担当
関東社会人連盟常任理事

佐野 元康

副理事長 兼 事務局長
事務局・リーグ総務・
審判担当

川野 隆弘

常任理事
リーグ経理担当


杉山 透

常任理事
規律フェアプレイ担当


大山 康幸

理事長
常任理事
施設担当

神山 史郎

常任理事
リーグカップ担当


石坂 達也

常任理事
規律フェアプレー・リーグカップ担当